Img_3412088734144edcaa539a9c9ce10686
アクセントにちらっと赤が入っています。
 材料を確認したら、以前に出品したものと一緒に織った裂き織り布が2枚分だけ残っていました。まだ縫えていないので、端の始末をしてタグを付けて完成です。

 柄は一枚ずつ違います。2つのクリエイターズマーケットから一枚ずつ再販売のリクエスト連絡をいただいていました。以前に製作したものは全て販売済みだったので、実はもう材料も残っていないと思っていて、お待ちいただいた方には申し訳ありませんでした。

 模様は違うのですが、まずは仕上げて出品します。同じタイプのティーマットは、今年中は今回の出品が最後だと思います。今、母の機織り機には秋の作品展用のものがかかっていて、しばらくは他のものは織れないと思うのです。

 あまりたくさん作れないのが申し訳ないです。このティーマットは、実は何かと使いやすく、評判も良かったので、少し先にはなりますが、また作りたいと思います。
Img_87227fb51e7348e67ccfdf0bf2778fe8
棉の実が付きました。
Img_f16be698364161a0efc62cb549c296d0
昨日の雨で、しけっていますが。
Img_60bc8494e665c10114e835a287c2a0c6
隙間に植えたヒョロヒョロ苗が一番元気。
 ご無沙汰してしまいました。

 まだ暑い日は続いているものの、秋らしさを感じられるようになってきました。

 今日は久しぶりにゆっくりとした朝を過ごしています。

 というのも、ここしばらくの間は仕事が入っており、また、夏休みで子どもたちも家にいることが多かったので、時間をやりくりしながらやっと一段落したところです。

 そうしている間に、再出品待ちの連絡をいただいています。見てくださっている方がいらっしゃるということがとてもうれしいです。そしてお待たせしてしまって、本当に申し訳ないと思っています。順次、在庫を確認してご注文いただけるようにしていきたいと思います。ただ、一点しかなかったもので売り切れになってしまっているものもあります。大変申し訳ないのですが、その場合はご了承いただきたいと思います。

 作るのも、写真を撮って説明文を付けて作品を登録する作業も、さらに梱包して発送する作業も、落ち着いてできる時でないと失敗しそうで怖いのです。写真を撮ったり説明文を書いている時には気づかなかったのに、梱包する段になって縫い目の曲がっているところや、なんかおかしいところに目が留まったりします。そういう時には、気になったまま送るのは嫌なので、できるだけ直すようにしています。また、在庫の間違いもしてしまったことがあって、血の気が引く思いをしました。なので、できるだけ時間と気持ちに余裕を持って作業をしたいと思っています。

 本当はあってはいけないことです。気を引き締めて、きちんとしていこうと思います。そして、時間がかかりすぎることも課題だと思っています。

 ただ、これからは作品の制作、販売に集中できない時期には、事前にお知らせしておいた方がいいかと思いました。ずっと同じペースでできるのが理想なのですが、ご都合に合うか合わないかのご判断にも関わると思うので、時間がかかるときには正直にお伝えしないといけないと思いまいした。無理せず、間違いなく、作ってお届けすることが大事なので、できないことをカミングアウトしつつ、理想に近づけるように努力していこうと思います。

 バタバタと過ごしている間に、春に種をまいた棉に実が付いていました。鉢植えに蒔いた方は、出だしは順調だったのですが、結局あまり大きくならず、それでもいくつか小ぶりの実をつけています。写真では、昨日の大雨のせいで実がしけっていて、ほわほわ感があまりないのですが。そして、ほとんど全滅だった移植苗ですが、一本だけひょろひょろと生き延びていた苗が、いつの間にか立派に育っていました。こちらはこれから花が咲きそうです。地植えにしていたので根がしっかり張ったのでしょうか。それとも、環境が上手く合ったのでしょうか。

 棉のささやかな収穫を喜びつつ、また「作る生活」に入ります。やりたいことと、やらなければいけないことがたまりすぎて、何から手を付けたらよいかわかりませんが、一歩ずつでも前に進んでゆきたいと思います。

 





Img_c88c1c7985ed40541c46dc9baa6d7208
カーキ色のリネンで作ってみました。
Img_a9016a61b23c643ecd959ba415759134
秘蔵のボタンが日の目を見ました。
 コートの試作品が出来上がりました。

 とてもシンプルな形なのですが、着やすく、秋から普通に活躍してくれそうです。ちょうど秋口に着られるコートが欲しいと思っていたので、お試しを兼ねてどんどん使いたいと思っています。

 写真ではわかりにくいのですが、両サイドにポケットが付いています。襟なしで、余分な装飾も無くて、型紙を作ってくれた方が母の生地を最大限生かすように工夫してくれたことを感じました。ボタンは手持ちのものから選んだのですが、やはり生地を見てほしいので、あまりボタンの主張が強くないようにということを考えました。

 このボタンは以前に近くにあった雑貨屋さんで買ったもので、外国の古いボタンを数種類詰め合わせたサービス品に入っていました。その詰め合わせのボタンはどれも可愛くて、使い道も考えずに衝動買いしてしまい、ずっと宝物のように秘蔵していました。どんなボタンを合わせるかで服の印象が大きく変わるので、楽しいながらも難しい作業です。ボタンホールもうまくいかないと服が台無しになってしまうので、一連の作業の中で一番緊張しました。このボタンは、小さくて目立たないのですが、ぷっくりコロンとした形がかわいくて、ひそかに存在感があります。昔のボタンの中には、ゴールドのものだと本当の金のメッキのものがあるから、わからないけどこれもそうかも・・・と言っていた雑貨店の店主さんの言葉を思い出しました。いろいろ併せてみた中で、この服、この生地にはこのボタンがしっくりときたので、また、娘もこれがいいと言ってくれたので、やっと秘蔵のボタンの使い道が決まりました。母の生地にはまた違うボタンを合わせることになると思いますが、それを選ぶのがまた楽しみです。

 その雑貨屋さんは今は移転して遠くなってしまったのですが、そういえば、型紙を作ってくれた方と出会ったのがその雑貨屋さんでした。手作りのかわいい服が置いてあり、それを見ながら、身長が高くて体の割に手が長い私だとかわいいと思っても体に合わないという話をしていたら、ちょうどその時にお店番をしていたのがその服を作っている方だったのです。その場でさっとサイズを測って作ってもらうことになったのでした。同じ雑貨屋さんで出会った人とボタンの縁で服が一つできたようで不思議な感じもします。

 その時に作ってもらったのは、こげ茶色のリネンのコートでした。形もシンプルながら可愛くて、何より着やすく、ついそればかりヘビーローテーションで着ていました。何年も着て、肩の辺りは日に焼けて、袖には穴も開いてしまいました。私が着ているコートを見て、母がずっと気になっていたらしく、自分の織った布でその人に作ってほしいということになったのです。

 最終、型紙を作っていただいて私が作ることになったのですが、型紙からわからないところや迷うところは、以前に作ってもらったコートを大いに参考にして作ったのでした。

 やはり作ってみてわかる反省点もあり、最初から母の織った生地を使わなくてよかったです。次は本番。あの生地にハサミを入れるのは緊張します。でも、採用になるかはわかりませんが、作品展の案内ハガキの写真用に間に合うように作りたいです。
Img_d446ddf19cc27b6296f1f51a4a98f609
7月に赤紫蘇と一緒に付け込んだ直後。
Img_889413d35796cf96c2ff9f0773bff978
色の付き具合にムラがありますが…。
Img_2557da9c6d9736c4075ff5b5b135bfbf
梅の良い香りが漂います。
暑い日が続いています。

朝は晴れていても、黒雲がわいてきてザーッとひと雨という日も多く、天気予報を確認しながら晴れ間が続くのを待っていました。3日続けて晴れの予報。よし!と思って先日から漬けていた梅干しを瓶から取り出し、ざるに並べていざ梅干し!!

それでも夕立が降ったり、出かける時には念のためにと取り込んだり、出したりひっこめたりしながらやっと干し上がりました。

城州白という種類の梅は香りが良いと言われていますが、梅干しにしてもよい香りです。シソの香りも相まって、近くにいるとフレッシュな梅干し?の香りに包まれます。なんか色の付き方がムラになってしまっていますが、自家用なのでそれもまたよしとして、味の変化を楽しむことにします。

瓶に残った赤い梅酢は漬物などに、一緒に漬けていた赤紫蘇は、やはり一緒に干してパリパリになったらすり鉢ですりつぶしてふりかけに使います。しばらくは梅で楽しめそうです。
Img_c8b21292692450a222ac98133346c4dc
梅の枝をいただきました。
Img_f0d344ab98fec7fbcca6c37e626768f5
ナタで削って、チップにします。
Img_e739558c4c584146659a1d341cd1c628
梅は特徴的なグレーに染まります。
 母の知り合いの方から梅の枝をいただきました。これをナタで削ってチップ状にし、染色に使うのです。真夏の照りつける日差しの中、熱中症にならないように注意しながらの作業です。一応母を気づかって私がやるつもりでいたのですが、どうも母から見ると下手っぴで見ていられなかったらしく、結局役にたてませんでした。私が思っていたよりも、けっこう大きく削っても良いみたいです。

 これを煮出して染色液にするのですが、媒染剤によってベージュ系の色からグレー系の色までいろいろな色に染めることができます。またそのうちに媒染剤と色については紹介したいと思います。

 同じ種類の植物でも、採れた季節や場所によっても違う色になったりします。すごく好きな色があっても、次回同じように染めることができるとは限らないのが悩ましくも面白いところです。

 この梅はどんな色が出るのでしょうか。楽しみです。